アフィリエイト初心者の失敗 HP構成の間違えた見方を変えるだけ

アフィリエイト 初心者 やり方

あなたがアフィリエイトしてるなら 広告主のサイトを見るだろう。 広告主のサイトってのは あなたが宣伝しようとする商材の コンバージョン(問い合わせ 無料体験、販売)ページのこと。   そこを見て 「ええだの 悪いだの」 「売れそうとか売れなさそうだの」   主観で決めようとしてるはず。 だが、 そんな見方をしてる限り 一生 金は入ってこない。   たとえば 画像たくさん、感想たくさん、特典たくさん、 セールスレターもしっかり書いてる、 縦長のムチャクチャ長いページ構成だったら?   そんな広告主のページを見たらどうだろうか? 売れそうにみえるだろう。   だったら 商材の概要説明と値段だけ書いてる短いページ構成なら? 売れなさそうにみえるだろう。   大事なことは ホームページで結果が出るか出ないかは ページ構成ではない。 「どうやって人を連れてきてるのか?」 そこに尽きる。   たとえば 商材の概要説明と値段だけ書いてる短いページ構成なら? 売れなさそうにみえるだろう。 しかし、 そのサイトの商材に関連したメルマガを毎日見てる人が見たら?   そうゆうことですよ。   何が言いたいかわかりますか? パソコン画面で 他人や自分のホームページを見てる、 ブラウザ検索が基準になって 良し悪しを決めてる、   それが大きな誤ち。 そこから離れることが成功第一歩   あるホームページを見る前の前提を追求、研究した者だけが結果が出る。   以上        続きを読む

ヤフー広告でアフィリエイト。審査3回通らず4回目で通過した理由とは?

ヤフー広告・検索ワードを研究して稼ぐ方法

「ヤフー広告の審査が通らなくなった」 これが アフィリエイトがやりにくくなった原因 しかし 本当にそうなのか?と思い、 私は 新しい商材をアフィリエイトするため ヤフー広告管理画面で10個ほど広告を作って 審査を待ってみた。   すると? ひとつの広告だけ審査が通らなかった。 カテゴリーは 教育カテゴリ 塾、家庭教師のアフィリエイト商材だ。   一回目の広告審査で通らなかった理由は? 広告に貼ったリンク先のサイトが 教育関連のサイトで 他にも塾、家庭教師のリンクが複数あったから。 ※アフィリエイトリンクでなく純粋なリンクでもダメ   要は 広告を打つなら リンク先のサイトのゴールもひとつじゃないとダメだってこと。 ↑ これが以前にはなかったヤフー広告のルール。 これができたから 比較サイトも審査が通らない。 比較サイトは ゴールが複数あるから。   で、 広告のリンク先のサイトのゴールをひとつにして修正して 再審査をかけると? またハネられた。 今度の理由は 「記事が稚拙だから」という禁止条項が出てきた。   「なんじゃそら さっきはそんなこと言ってなかったじゃないか」(笑)   要は 一回審査にハネられたら 人間の目視で審査されるから こーなる。   その後、しょうがないから 記事内容を2回直したら 広告審査に通った。   広告審査に通らなかった後の修正ポイント 要は 余計な文章が入ってるから 審査に通らないってこと。   たとえば 「この商品は そりゃ売れるに決まってますわ~」 「俺が言うんだから間違いないですよ」 「この会社は お客のことをよくわかってますわ~」   ※広告主(商材提供してる企業)のホームページに 芸能人、有名人を使って 商材とコラボさせてるパターンのサイトがある。 それについて 凄いだの 信用できるだのと煽ってはいけない。   アフィリエイト商材を紹介するページで こうゆう文章が入ってたらダメ。 あの、 自分の売ってる商材を自分で広告打って宣伝するならいいんですよ。 あくまで アフィリエイトの仕事として 他人の商材のページへ誘導するために ヤフー広告を利用するなら 誤解する文章が入ってたらダメだってこと。 ↑ これが ヤフー広告を使ったアフィリエイトの仕事がやりにくくなった原因だ。 なぜなら アフィリエイターが広告主(商材提供してる企業)に 迷惑がかかる、イメージ悪化する可能性という構図があるから。 総括 ところで 私は ヤフー広告に10個の商材を審査かけたといいました。 残りの9個は 審査が通った。 1個しか審査に落ちなかった。   ということは あなたがアフィリエイトでヤフー広告を利用するときの作業ポイントは?   ・記事が稚拙でないこと リンクを踏ませるだけの ネット記事のコピペのような形式的な記事では広告が出せない。   ・リンクが複数ないこと 1ページで複数商材の紹介 (比較サイトで アフィリエイト商材を複数、雑に見せたり 報酬額が高い商材を目立たせるとか) は 初心者は難しい   ここに気をつけるだけ。   以上          続きを読む

アフィリエイトのコンサル塾に40万払って副業始めて一回失敗した人が なぜ次は成功したのか?

アフィリエイト 初心者 やり方

アフィリエイトコンサル塾に40万円払って 一回失敗した人が なぜ 次は成功したのか?   私の知り合いでリーマンやってる人の話 アフィリエイトやったことないが、副業やりたいって言い出した まあ、 副業で 仕事しながらできることの中で アフィリエイトが一番目立つし、試しやすい、最適ですから。   その知り合いは 結局ネットで見つけたアフィリエイト塾のメルマガ読んで 金払ったんですが、 やっぱり、パソコンの作業しなかったんですね。 4ヶ月くらいずっと。   それぐらい パソコンの作業ってのは 苦痛、ウンザリするもんです。   でも、私の知り合いもアホじゃないんで 入ったアフィリエイト塾に見切りつけて、 他のアフィリエイトセミナーや塾に、金払って勉強しにいったり ネットで アフィリエイトの作業の解説してるDVD教材を2.3万で買ったり そっからパソコンの作業しだした。 金銭的な結果を言えば、 今まで払った金の半分以上、取り戻した。   事実です。   私は何が言いたいか? 「やり方」ひとつ。   「やり方Aが良いのか? やり方Bが合うのか?」 金払ってやってみな 分からないですよ。 金払うってのは、「他人の実践から学んだやり方」に金払うんですから。   私の知り合いの例で言えば、 40万くらいする有名な人がやってるアフィリエイトコンサル塾が提供した情報よりも、 誰も知らん個人がやってたアフィリエイトセミナー行って教えてもらって、 紹介されたDVD教材で解説してたパソコン作業手順をマネしたら、 「これならやれる」と思えただけ。   そうゆうことが普通に起こる、 大事なことは 「アレは全然アカンかったけど、 こっちでやったらうまくいった」 これが 私でもあなたでも 他の人にでも当てはまる現象だってことを忘れちゃいけない。   だから アフィリエイトで稼ぐための手段に 金出すのが嫌だと 金を惜しまないこと、ケチケチしないこと。 金を出して やり方を試し続けることが重要なんです。   以上続きを読む

メルマガアフィリエイトで稼ぐ方法とは? HPブログアクセスだけでは儲からない!

情報提供の手段(メルマガ、会員ページ、教材)

まず「ネットで人を集める」という意味を知る。   「ネットでは いつも自分はここにいるよ!」 そうゆう場所がなければ話にならない。 こうゆうのをプラットホームと呼ぶ。   無料ブログでもいい。 ツイッター、フェイスブックでもいい。 あなたの名前が 迫田けいこ だとすれば 「迫田けいこは 毎日ここにいるよ!」 そのURLが必要だってこと。   プラットホームURLで何を見せるか?   あなたが何の仕事をしてるか? あなたの個人情報や仕事内容と 売ってる商材を紹介できること   ーーーー これだけ揃ってりゃなんとかなる。 で、 大事なことは? 「ネットユーザーってのは 今日訪れたホームページに明日はこない、二度とこない」 これが鉄則 だから? 今日訪れたユーザーのメールアドレスやツイッターアカウント、ラインIDを教えてもらわなきゃいけない。   要は ホームページ、ブログってのは 「商材を売る」「金出してもらう」っていう言い方を目的にするんじゃなく 相手の住んでるところを教えてもらうことを目的にする、という言い方のほうが正しい。   アフィリエイトってのは 他人の売ってる商材を紹介すること。 しかし、 今日訪れたユーザーに、たった一回で「買ってください」というより メールで情報発信してから その後に「買ってください」と言ったほうが 買ってくれる確率が高いってこと。   まとめ メルマガアフィリエイトをやるには メールで情報発信するために ユーザーからメールアドレスをもらう。 要は 「無料で得する情報をプレゼントから あなたのメールアドレスください」ってホームページを作ること。   なぜ ツイッター、ラインIDでなく メルマガなのか? ツイッター、ライン、フェイスブック上では 商材の営業しても無駄だから。 SNSは そうゆうところではない。   以上続きを読む

アフィリエイトで稼ぐ方法。初心者が10万円稼げるまでに費用はいくらかかるのか?

アフィリエイト 初心者 やり方

アフィリエイトに限らず ネットビジネスってのは 何をやるにも金がかかる。 「費用が安く済んだ」「無料で済んだ」ということは たいして収入は増えてないことを意味する。   たとえば 「50万円の売り上げが上がった」 と誰かが言えば それは経費が25万円かかってると思わなきゃいけない。 これは 個人の副業であろうが 法人の事業であろうが同じ。   アフィリエイトの副業で言えば ・アフィリエイト用のホームページを作るためのツール ・アフィリエイトで稼げるマニュアル、見本、ノウハウ ・ネット広告(ヤフー)に金を使うこと ・アクセスアップ、ネット広告運用のためのノウハウ ・記事作成代行、SNS被リンク作成代行   これらに金を使わなきゃいけない。 情報や便利ツールを使わなきゃどうにもならないから。   結局 初心者がアフィリエイトで月に10万円稼げるまでにいくらかかるのか? 勉強代金50万円は見積もってほしい。 経験、データを取るための50万円と見れば高くない。   「ネットビジネスってのは 人さえ集まれば 失った金は全部返ってくる」 「月に10万円稼ぐ」って意味は 「月々ネットからの収入が安定する」って意味。 これを忘れないでください。   以上  続きを読む

アフィリブログのアクセスアップは 検索に頼らず ツイッター、フェイスブックにリンクを貼ればいい

アフィリエイト 初心者 やり方

初心者がアフィリエイトのためにブログを作り アクセス解析を見たら 誰もが嘆く 「なんで このボタンを押してくれないのか?」 「なんで 紹介してる商材を買わないのか?」   考えて考えて それでも分からん、 ますます状況が悪化していく。 ネットビジネスってのはそうゆうものです。   大事なことは 「どこから自分のページに入ってきたアクセスか?」 これに尽きる。   ・ホームページがダサい、ヘボイ ・売れない商材を売ってる ・記事の書き方が悪い   こんな疑問は関係ない。 そんなもんは あとのあとの話。   自分の作ったブログ、ホームページに入ってくる窓口を考えてみる   ・ネット広告 ・フェイスブック、ツイッターのSNS ・ワード検索(自然検索) ・被リンク(アフィリエイターのHPから) ・メルマガ(ライン@)   これしかない。 大事なことは 上記5つを5つとも ごちゃ混ぜにして考えたら 時間と金と労力の無駄になるってこと。   5つとも ぜんぜん思考回路が違う それを知ってるか知ってないか? それが金を稼ぐミソだ。 なんで? ネットビジネスってのは 「この手段をとれば 結果どうなるか?」  最初から決まってるから   ネット検索 ヤフー、グーグルで ワードを打って 検索することを自然検索と呼ぶ。 自然検索に頼ってビジネスをするのはもう 限界が来てるのだ。   自然検索からのアクセスでは 金にならん と言ってるわけではなく 自然検索 それ一本の窓口では ビジネスにならんてこと。 なぜなら 人は グーグルが決めた良し悪しの順番ではなく 自分の主観で 良し悪しを決めたいから。   フェイスブック、ツイッターてのは 個人情報を発信する場所。 こっちに人が集まっていくのは当然の流れ。 儲かってる人、会社は 100%確実にSNSを利用してる、 SNSからのアクセスを侮っていない。 すなわち 個人情報は出したくない、見られたくないからSNSをやってないという考え方は 自分が損してるだけ。   以上続きを読む

アフィリエイトノウハウ。ブログ作ってヤフー広告使って紹介商品が売れるまでの流れ

アフィリエイト 初心者 やり方

初心者がアフィリエイトするときの準備、段取り   手順 1 ワードプレスで固定ページ作る 2 ASP(A8ネット バリューコマース等)でサイト登録、商品登録する 3 ヤフー広告に入金して 検索ワードの研究 4 登録した商品をサイト記事で紹介。 無駄なこと言わない、説明しない、 さっさと販売元のページへユーザーを飛ばすことを考える 5 売れない商品があれば 広告止める 6 自分の主観で 「この商材が売れる、売れない」じゃなく とにかく ASPで大量の商品登録して 大量のページ作って 販売元のページへのリンクつけて広告に金使う   これだけ。 ポイントは? 1 今 ネットでもっとも売れてる商材は? 2 広告で その商材を売るには なんのワードを買えばいいのか? 3 アフィリエイト商品の紹介記事の一番適切な内容   もちろん、この情報を知ってりゃうまくいくだろう。 だけど、 それがわからんから みんな困る、 理解して実行、金になるまでに時間がかかる。 そこまでが我慢できないから 広告代だけ払うことになり、作業に飽きて 引退することになる。   これがアフィリエイトの副業やって失敗する人たちの典型パターン   ならばどうするか? ネットビジネス、アフィリエイトってのは 結果が出るやり方はすでに決まってる。 「これがこーなったら 金になる」 最初から決まってる、 それを知ること。 私も 初心者の頃は 自分勝手な発想でホームページを触ってたが やっぱり金にはならなかった。 しかし 先駆者、便利ツールを提供してる方々の話を聞いたり マネしてみて やっと 「やり方は最初から決まってる」 意味がわかった。   あなたも闇雲にがんばるんじゃなく すでにアフィリエイトをやってる人の話を聞いたり マネすることをおすすめする。   以上    続きを読む

ブログアクセス数を増やすには 検索ワードを分析してタイトルに入れろ

ヤフー広告・検索ワードを研究して稼ぐ方法

ホームページを作って記事を増やしていく しかし 記事数に比例して アクセスが増えることはない。 記事数がどーこーではなく 「グーグル、ヤフー検索で 自分のホームページが引っかかるかどうか?」 ここが問題だ。 検索されて表示されるには 「記事のタイトルに 何のワードが入ってるか?」 そこで決まる。   初心者の人にとって ここのレベルの追求が難しい。 なぜなら リサーチ、調べなきゃいけないから。 なぜリサーチが必要かと言うと ネット上には ホームページが1億ページ以上ある。 その中で競争、検索者の取りあいをやってるから。   たとえば あなたが 不動産売買の仕事をやっており、 客をネットでつかまえるために ホームページ作りをがんばってたとしたら 当然 同業者も同じコトを考えてる。   そう、 どんな業界、カテゴリであろうが同業者、対抗組織が存在する。 ネットの中で競争してる、奪い合いをやってる。   それが前提で 記事タイトルは何にするか? 記事の内容は?   考えなきゃいけない。 ということは?   ブログでアクセスを増やすには 検索ワードをリサーチする方法自体。 あなたのリサーチスキルをあげることが ネットで金になるってこと。   以上  続きを読む

アフィリエイト初心者おすすめ 簡単に2ヶ月で10万円稼ぐアドセンスブログのやり方(下克上)

アフィリエイト 初心者 やり方

  アフィリエイトの副業を始めたい初心者の人へ。 「コレしかない」始め方を教えます。   アフィリエイトってのは 自分が作ったブログ、ワードプレスで作ったサイトで リンクを押してもらうこと。 とにかくリンクを押してもらわなきゃ お金にならない。 もしかしたら アフィリエイトの仕事は リンクを教えてもらって ネットユーザーになにかしら商品を購入してもらわなきゃ お金にならない、 と考えてる人もいるだろう、 もちろん そのタイプのアフィリエイトもある。 それが購入型のアフィリエイト。 しかし、   クリック型のアフィリエイトというものがある。   これは あなたが作ったサイトのリンクを踏んでもらっただけで お金がもらえる。 俺は 昔このタイプの副業を聞いた瞬間 「絶対嘘だ」と思った。 だが、 心配はいりません、自分のサイトで知らないユーザーにリンクを踏んでもらっただけで本当にお金になる、 それがクリック型のアフィリエイトだ。   初心者は? とにかく 購入型ではなく クリック型のアフィリエイトから始めればいいんです。 クリック型で修行を積んで 購入型をやればいいんです。 クリック型のアフィリエイトを始めるのに最適な教材を教えます。 ※クリック型のアフィリエイトをアドセンスと呼ぶ。 それは 下克上というアフィリエイト教材です。 ※下克上の意味はたぶん グーグル、ヤフーの検索順位で 他人を追い抜くことじゃないかと思う。   この教材を買えば 何を教えてくれるか? ・サイトの作り方 ・どんな記事を書けばいいか? ・トレンドアフィリエイトとは?(検索回数が多い記事を書けば 金になる可能性が高いという仕組み) ・アフィリエイトの仕事を続けていく精神論 全部 動画で教えてくれます。 DVDが家に届くんじゃなく 会員サイトで動画を見ながら勉強していく進行です。   もちろん、俺もこの教材で勉強させてもらいました。 アフィリエイトをやってる人で 下克上を買ってない人はいないといわれてます。 この 下克上と言う教材は アフィリエイトの副業で稼ぐための教材ですが 実は ネットビジネスの基礎が全部入ってる教材です。 しかも それが動画で教えてくれます。 あなたも下克上を購入して今すぐ始めましょう。 → アフィリエイト教材 下克上 販売ページや行く!続きを読む

アフィリエイトやり方 スクール・セミナー系の商材は売れるのか?

アフィリエイトで売れる商材の選び方・ジャンル

アフィリエイトと言っても どの時点で 金がもらえるのか? 商材ごとに違う。   スクールで言えば 1 資料請求時点 2 無料体験、無料カウンセリング時点 3 スクール入学契約時点   大きくわけて3つの成果ポイントがある。 狙いは 2 無料体験、無料カウンセリング時点 これを狙う。 ここの単価が大きいものを選べばいい。   ターゲット 集め方 お金のスクール、セミナーとか パソコンスクールってのは 最初から それを探してる人がいる。 そのユーザーの数は少ない。 少ないから ヤフー広告に出稿する。 なぜなら こうゆうシロモノを探してるひとは 急いでる、本気。 だから 他人のブログではなく 広告を積極的にクリックするから。      続きを読む